ニキビ化粧水の効果を高めるには

ニキビ化粧水とあわせて摂りたいビタミンとは?

ニキビも食生活を見直すことによって、治癒を早めたり予防することができます。 そこで、ニキビに効果のあるビタミン類をご紹介してみましょう。

【ビタミンA】
皮膚や粘膜を強化したり、免疫力アップ効果があります。 免疫力がアップすると、アクネ菌が増殖しにくくなります。 人参や南瓜、レバー、鰻など食材に豊富に含まれています。

【ビタミンB】
ニキビの原因である「脂質」の代謝促進効果があります。 美肌や美髪効果もあるので、積極的に取り入れたいビタミンです。 アーモンド、卵、納豆、ヨーグルト、海苔、レバー、鰻などに含まれています。

【ビタミンB6】
タンパク質の代謝促進効果があります。 正常な免疫力を保つ働きがあるので、ニキビ予防効果が期待されます。 鮪、鯖、秋刀魚といった魚類や、豚肉、レバー(牛、鶏)、サツマイモなどを食するといいでしょう。

【ビタミンC】
美肌効果で有名なビタミンですね。コラーゲン合成に欠かせないビタミンで、美肌に限らず、血管や骨も丈夫にしてくれる頼りになる存在です。 活性酸素を除去する作用が、ニキビの炎症を抑制してくれます。

また、ニキビの原因の一つである、ストレスも和らげてくれます。 野菜(ブロッコリー、赤ピーマン、黄ピーマン、ほうれん草など)、果物(レモン、キウイ、イチゴなど)に豊富に含まれています。

【ビタミンE】
抗酸化作用が高いビタミン(脂溶性)なので、活性酸素が原因でできるニキビを予防する働きがあります。 ホルモン分泌調整の働きもしてくれるので、ニキビ予防に効果的です。 ナッツ類や南瓜、たらこ、シーチキン等に含まれています。

【パントテン酸】
別名ビタミンB5とも呼ばれているもので、身体に必要な酵素の働きを補う「補酵素」です。 ニキビの原因である皮脂分泌抑制作用があります。 このビタミンは、様々な食材に含まれているため、バランスのとれた食生活をしていれば不足する心配はありません。

但し、アルコールやカフェインを摂ることが多かったり、過剰なストレスがかかると、パントテン酸の消費量がアップしてしまいますので、食材で補う必要があるでしょう。 豆腐、味噌、トマト、シイタケ、ブロッコリー、チーズなどを積極的に食するといいでしょう。


頭皮はニキビができやすい?

ニキビの中でも頭皮にできるものは、初期段階できちんと治療しておかないと、膿化したり等、重い症状になる危険性がありますので、充分注意して早急に対処する事が大切です。

頭皮の中でも、ニキビができやすい場所は、皮脂の分泌が活発である頭頂部や前頭部になります。 症状的に、脂漏性湿疹と呼ばれる皮膚炎と似ています。 どちらも原因は、ホルモンバランスが不安定になったり、ストレスを溜め込んでしまうことにより、皮脂の分泌が多量に発生してしまうためと考えられています。

もう1つ、頭皮のニキビの主な原因として、洗髪時のシャンプー、リンス等の洗い残しが指摘されています。 上記のような頭皮のニキビの原因をたどっていくと、「毛穴の詰まり」に行き着くことになります。

顔にできるニキビと同じく、頭皮のニキビも皮脂が滞留することで発生する皮膚の炎症なのです。 頭皮は顔と違い、毛髪で覆われているため、前述のように洗髪時のシャンプー、リンス等が洗い残ってしまうことが多く、入浴時に体を洗った石鹸等が頭皮に付着して毛穴を塞いでしまうケースもあります。

予防策としては、とにかく洗髪後に入念にすすぐ事(一般的洗髪時間の倍が目安)と、入力時に洗髪を最後に行なったりすることが挙げられます。 また、シャンプー等が皮膚に合わないことも考えられますので、違う商品を試してみるのも良いでしょう。

その他、毛穴が詰まる要因としては、下記の4つが挙げられます。

①古い角質の毛穴への剥落
②皮脂の過剰な分泌
③紫外線等による皮膚の角化
④皮脂と、表皮に付着した細菌等が混合して起こる毛穴の角栓化

この4つの要因に対する対策としては次のようなものがあります。

・規則正しい生活習慣を心がけ、ホルモンバランスの安定化を図る
・ストレスを溜め込まない
・充分な睡眠を取る
・脂分を控えた食生活を心がける
・外出時の紫外線対策をしっかり行なう

上記の対策を施しても症状が改善しないようであれば、皮膚科で治療する事も視野に入れましょう。 肌の新陳代謝を促進し、ニキビの予防に繋がるコラーゲンの生成を助長する食事療法や光治療を行なってくれます。